トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006-01-29

苺が少々安く出回るようになってきたので、作ってみました。ミルフィーユとタルトです。卵やバター、動物性のものは使用せず、クリームは豆乳で作りました。

Img_0694 Img_0696

Img_0706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-28

鈴子さんの手料理①

我が母、鈴子(すずこ)さんは、いつもせっせとおふくろ料理を作ってくれます。煮物、漬物、麺類(手打ち)・・・、おいしい日本の料理がたくさんあります。今日は、矢島の豆腐を使った「白和え」。くるみをたっぷり使ってとてもまろやかです。

Img_0697

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-26

おなっとう

佐久地方の伝統料理です。甘酒の水分がなくなったような感じです。甘酒はうるち米から造りますが、こちらはもち米を発酵させています。驚くほど甘味が出て、砂糖よりずっとずっと甘く感じます。お米にこんなに糖分があるんだって、不思議。そのままお茶請けに、焼いたお餅にのせて食べるのが定番です。 

《レシピ》 

  1. もち米(3合)・・・炊飯器でおかゆに炊く。 
  2. こうじ(1K)・・・①に加えて、60℃で6時間発酵させる。

Img_0689

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-25

横浜旅行

8年横浜に住んでいた弟が東京へ引っ越すことになり、最後の記念に横浜に行ってきました。中華街、みなとみらい、ベイブリッジ、赤レンガ倉庫、横浜駅・・・をぶらぶらしました。久しぶりの大都会、楽しかったです。いろんな物がほんとうに多いです。

Img_0683  Img_0684

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-01-20

初えびす講 ~いわしとおとろ~

七福神のひとりで、ご利益のある招副の神とされているのが「えびす神」。一月二十日は、えびす様が一年間の働きに出られます。我が家では、「鰯」と「おとろ」「新米」をお供えしてえびす様を送り出します。このお供えもの、次の日に家族が食べるのですが、子供は食べたらダメと言われていて大人たちが食べます。えびす様は、十一月二十日に一年の稼ぎをImg_0682_1終え宝を持って帰って来られるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-18

ピーナッツ中毒

ピーナッツ中毒です。毎年落花生が出回るこの時期、大量に食べてしまいます。ぼーっとしながら、ついついポリポリ・・・と。止めなくてはと思いながら・・・。気が付くと目の前は殻の山で。いくらでも食べられそうです。恐ろしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-17

イーストはえらい

お友達にあげようと手軽なイーストで作りました。みるみる膨らんで、天然酵母に比べるとやっぱりすごい。煮た小豆を生地に混ぜ込んだ「小豆パン」とミルクパン生地にりんご入りカスタードを包んだ「りんごクリームパン」。喜んでもらえたのでよかったです。天然酵母パンはしばらくお休みしています。

Img_0679 Img_0680

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-15

りんごパイ

りんごのみのパイです。シンプルだけど、りんごの甘さ・美味しさが十分に味わえるなと思いました。

Img_0677_1 Img_0676_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-14

稲の花

今日は稲の花を飾る日。米粉で紅白のお団子を作って、柳の枝に付けます。「稲」に肖って今年一年の豊作を祈願するものだそうです。明日15日はどんど焼き。お正月のしめ飾りなどを燃やします。稲の花をこの火で炙って食べると一年間風邪をひかないとか・・・。ちなみに、我が家のどんど焼きは父が庭先でこじんまりと行います。16日の朝は、稲の花のお汁粉を戴きます。

Img_0672

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-01-13

喫茶 木亭に学ぶ

「木亭」という喫茶店に行きました。(旧臼田町)老夫婦がお二人で営まれています。昭和の趣のある建物で、店内には心地よいクラシック、素敵なテーブルに器、ランタン・ステンドグラスの照明・・・、とても落ち着ける空間でした。奥様お手製のチーズケーキとコーヒーを。ケーキは真っ白でいたってシンプル。でも、奥様のおもてなし、よそられた素敵なお皿、お店の雰囲気によって、とてもとても幸せなひとときを過ごしました。「味はどうかしら?酸味が強すぎたかしら。」なんて、奥様の卑下振りもよかったです。メニューにあるけど、今日は仕込んでないものだとかがあったり、またそこが老夫婦マイペースでされている感じでよかったのです。急がず、出来る範囲で、シンプルに・・・。そんなおもてなしでよいんだって、思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-11

矢島の凍み豆腐

私の実家の本家は凍み豆腐を作っています。その恩恵に与り、我が家の冬の食卓にはお味噌汁に煮物に・・・、毎日凍み豆腐があります。それと、欠かせないのが耳豆腐のお料理。耳豆腐とは、凍み豆腐になるお豆腐の端っこ、切れ端です。ここがなんとも美味しい。普通の木綿豆腐より少々固めです。お醤油で煮付けたり、にんにく油で焼いたり、コロッケにしたり・・・、お料理のバリエーションも豊富。その家々により昔からの料理方法があるようです。毎日伝統の手作り豆腐が食べられるなんて、本当に幸せと感じます。凍み豆腐を作る家は、この部落でも大部少なくなっているのではないでしょうか。残念なことです。いつか私も凍み豆腐作りを・・・。

Img_0670  Img_0671_2

凍み豆腐は木陰に干して使う分を取ってきます。(もしくは冷凍保存。) 美味、耳豆腐。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-07

おもてなし

小諸に住む母方の祖母が出掛けて来てくれました。豆乳プリンとゆずサブレを午後のお茶におもてなし。お客様にせっせと作る、楽しきことです。Img_0666 Img_0667    

干しぶどうより酵母を起こしました。第一号作です。酵母が安定しないからか、発酵不足か、変なところに割れ目が・・・。でも、味はなかなかです。これからこの酵母で試行錯誤します。やっぱり自分が作りたいのは、天然酵母のシンプルなパンだなと思うのです。誰かに食べてもらいたいなと考えたとき、イーストのパンてたくさん種類もあるけどなかなかこれだって作りたいものが定まらなかった。この酵母で上手いものが出来たら、他の人たちにもおすそ分けしようと思います。

年末年始、お砂糖のデザート、お菓子を食べ過ぎました。そろそろ、止めないといけません・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006-01-06

七草

弟たち、お友達も都会へ帰って行きました。正月も終わりです。

明日は七草がゆの日。「すずな・なずな・すずしろ・ごぎょう・はこべ・ほとけのざ・せり」、正月七日の朝におかゆに入れて食べれば、一年の邪気・疫病神を追い払うそうです。確か、以前は本家のおじいさんが「せり」を採って来てくれていましたが、今はスーパーです・・・。これからこういう日本の伝統のしきたりにも目を向けてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-05

新年パン

今年初のパン作りは、リンゴジュースパンです。昨年製造のリンゴジュースは熟成されて、ハチミツのように甘~くなっています。お水と半々で捏ねましたが、これでちょうどよい甘さでした。お砂糖は使っていません。食べたあとに、リンゴの風味が残ります。

Img_0662

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-01-01

元旦ケーキ

元旦早々、食べ手の家族もいることだしとデコレーションケーキを作りました。弟君のリクエストはいつも生クリームのケーキ。台所の倉庫で眠っていたトロピカルフルーツの缶詰をサンドとトッピングに。ジェノワーズ生地はしっとり上手く仕上がり、フルーツも充分美味しかった・・・。我ながら上出来でした。お菓子の材料は出来るだけ家にあるもので・・・、いつも思うことです。

佐久平の街に出掛けてみると、予想通りの人手多さ!ショッピングセンターの駐車場は満車状態。停められないまま、帰りました。年々、元旦から営業のお店が増えているように思います。皆、何をお買い物するのでしょうか・・・?

Img_0661_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戌年

新年がスタート。ブログを始めてみます。弟君の親切により、いとも簡単にスタート出来ました。どうもありがとう。続けるよう心します。

戌年。我が家の柴犬親子も毎日元気です。おせち料理を戴いたそうです。Img_0401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »